操縦士になるのに必要な事

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

航空機を扱う操縦士、いわゆるパイロットになるには、試験に合格する必要があります。一口に操縦士と言いましても様々で、航空機を扱えるようになる資格は「定期運送用操縦士」「事業用操縦士」「自家用操縦士」の三種類があります。中でも航空会社のパイロットとなるのが定期運送用操縦士で、事業用操縦士は消防や警察のパイロット、そして自家用操縦士は個人で楽しめる航空機の操縦が出来るようになる資格です。

大きな飛行機を操縦したいイメージがある方は、定期運送用操縦士が適した資格と言えるのではないでしょうか。そのようなパイロットになるためには、大学新卒者であったり、大学院修士課程修了予定者であったりするのが資格として必要です。中には、高卒でも応募する事が可能な航空会社もみられます。航空の大学行に入るには、大学2年修了のものなどが応募に必要な資格です。

自社養成あるいは航空大学校で勉強する一方で、自分で勉強をし、ライセンスを取得する事も可能です。新卒などとは違う採用枠による受験となりますし、航空会社全てで実施されている訳ではないため、前もって確認しておく必要があります。パイロットになるためには、専門とする勉強や訓練を受けていかなければなりません。