飛行機の操縦士を目指す

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

飛行機の操縦士になるにはまず、副操縦士になる必要があります。当サイトでは、操縦士になるための流れや詳細について紹介しています。飛行機の操縦士、すなわち機長になるには副操縦士を目指す必要があるのです。航空法により、航空機は2人の操縦士が必要となっていて、機長になるためには、経験を積むために、時々操縦をしたり、機長の補佐を行ったりします。自分がメインの操縦士となって働くためには、事業用操縦士の資格を取ることが必要で、資格取得には平均でも5年かかると言われています。

副操縦士になるには、訓練士として様々な基礎的な訓練が行われ、実技だけではなく、座学での勉強も少なくありません。事業用操縦士は国家資格で、航空力学のほか、気象などの勉強も必要です。勉強のほか、飛行訓練も操縦士になるには欠かせません。単発機と双発機によって実地訓練もされます。基礎訓練が修了すると、副操縦士への昇格訓練にて、フライトシミュレータを仕様した訓練、大型機を使用する訓練などが行われます。操縦するための技術はもちろん必要となりますが、航空機が故障したり、エンジントラブルが起こったりした時の対処方法など、いざという時の知識も欠かせません。操縦士になる訓練を始めてから、最終的に機長になるまでには15年ほどの歳月がかかります。始めるのが早ければ早いほど若くして機長を務められ、早い人ですと30代のうちに機長になる方も決して少なくないようです。