養成機関で勉強する

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

航空機の操縦士になるには、専門の機関で勉強し、ライセンスを取得するのが近道の一つです。それには、航空大学校に入学し勉強する方法があります。航空大学校は、日本にある唯一の、公的とされるエアラインパイロットの養成機関です。入学試験が年に1回行われており、一次試験から三次試験まで用意されていて、合格した人だけが試験を進めていけます。基本的に航空大学校は全寮制となっていて、2人1部屋で生活をするのです。外出なども可能ではあるものの、パイロットを目指す人として、自覚のある生活が基本的に求められるでしょう。

航空大学校は、国土交通省の管轄である事から、学費が一般的な学校に比べ安い傾向にあります。また、民間が行っているフライトスクールにてライセンスを取ろうとするよりも学費が安いのが特長です。一般的な大学とは違うため、大学卒業の証である学士を取る事が出来ませんが、卒業生徒の9割近くが航空会社への就職に成功しているという調査結果が出ています。大手の航空会社などを通して、全体の4割近くが航空大学校の卒業生とも言われているのです。操縦士を目指している方はまず、就職率の高い航空大学校を目指してみると良いのではないでしょうか。